Didital Communication Design Note MARCH.

地方自治体のオウンドメディアを作るときに選ぶべきドメインとは

最初に懺悔します。

意識高い系のブログ風タイトルになってしまいましたが、
タイトルに書いているような「選ぶべきドメイン」を結論づける内容にはないっていません・・。
すみません。

以前、地方自治体の案件で、オウンドメディアを構築する機会がありました。
サイト名や構成までは案外スムーズに決まって、いざドメインを取ろうとしたのですが、
どのパターンもすでに取得されていて、思ったような字面のドメインが取れません。

今回、スクラッチでシステムを組んだサイトを想定していたため、既存の環境では少し懸念があって、
最初から新たな環境でー、独自ドメインでー、ということだけ決めていたのですが。

・・・先ずはトップレベルドメインから絞らないとな、と
やっと冷静になって考え出しました。

自分でもちょっと調べすぎかなと、後から思ったのですが、
47都道府県のメインであろうと思われるオウンドメディアに対して、
それぞれ使われているドメインを調べてみました。

どのトップレベルドメインが多いのか?

 .jp:56%
 .or.jp:19%
 .com:15%
 .net:4%
 .ne.jp:2%
 .org:2%
 .lg.jp:2%

「.jp」ドメインが多いだろうとは思っていたものの、56%も占めていたなんて。
「.com」「.net」も無難に多いのかなと思っていたのですが、
「or.jp」など属性型のJPドメインの方が多いというのは意外でした。

独自ドメインとサブドメインの比率は?

 独自ドメイン:94%
 サブドメイン:6%

圧倒的に独自ドメイン!
親のドメインがSEO的なペナルティを受けるとサブドメインの方にも影響があることだったり、
リリース後のことを考えると色々自由にやれる独自ドメインを選ぶということでしょうか。

www有りと無しはどっちが多い?

 有り:85%
 無し:15%

これが一番意外でした。
wwwって、ない方がすっきりしてドメインも短く見えるので、みんな好きなのかと・・。

調べたことは以上でして、
何を優先させるかで決まるものなので、一概に正解はないのは分かっているのですが、
「.jp」を独自ドメインで取得することがベターだと分かりました。

「.jp」ドメインは国コードなので、日本に住所がある個人や組織しか取得できないのですが、
特に観光などに関わる自治体のオウンドメディアの場合、イメージにあってますし、少しモダンな感じがしますよね。

ちなみに、例の案件はトップレベルドメインを先に決めてしまって、
あとは字面が許容できるパターンを探してなんとかなりました。

ドメインやサーバーなどのベースとなる環境は、後で変えるのは大変なので、
できるだけ納得して選びたいものです。

ABOUT US{ 私たちについて }

[ 事務所名 ]
SANNONI(サンノニ)
[ 所在地 ]
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-9-35 9F
[ 連絡先 ]
info@sannoni.jp
[ 代表者名 ]
井上 裕之
[ 事業内容 ]
デジタルコミュニケーションデザイン事業
[ サービス内容 ]
Webサイトの企画・制作・運用
メディアサイトの企画・制作・運用
スマホアプリの企画・制作・運用
Web広告の企画・運用
各種印刷物の企画・制作
動画・スチル写真の企画・撮影・編集
コピーライティング

CONTACT{ お問い合わせ }