Didital Communication Design Note MARCH.

個人や小規模事業者なら無料のWeb集客サービスを活用するべき

Category:
Keywords:
Post:
2020.06.16

こういう仕事をしていると、
仕事外の友人や知人から、Web集客について相談を受けることがあります。

特にコロナウイルス以降に増えた気がしていて、
おそらく、リアルでの活動が制限される中、
皆さん何らかのWeb施策を検討されているタイミングなのかなと思います。

普段、仕事の相談をいただくのは企業のご担当者様から。
当たり前ですが、様々な制約や責任の中で、
一定以上のパフォーマンスを出すことが求められます。

一方で、仕事外の相談の場合は個人や小規模事業者の方が多く、
もちろんお金が発生しないため、
お仕事で受ける時のような責任はなく(真剣に答えてはいますよ・・)制約もありません。

それも影響しているのか枠にはまらない施策を思いつくこともあって、
これはこれでおもしろいなと思っています。

ただ、いつもギャップを感じるのは、
「けっこうお金がかかるんでしょ?」です。

もちろん企業などの場合は、事が複雑なので別ですが、
個人や小規模事業者の場合、もっとシンプルに考えて良いのではないでしょうか。

例えば、ロゴやWebサイトなど、
「ここだけはクオリティを担保したい・・」という部分以外は、
無料で提供されているツール類を最大限活用してしまっていいと思います。

実際、いつも「お金がかからないものからやってみましょう!」となるのですが、
例えば以下のようなものです。

無料でWebサイトを作りたい
・Wix
・Jimdo
・Ameba Ownd
など

無料でECサイト(ショッピングサイト)を作りたい
・BASE
・Stores.jp
など

無料でブログをしたい
・LINE BLOG
・Ameba Ownd
・note
・YouTube(Vlog)
など

無料でWeb集客したい
・業界毎のプラットフォーム系
・クラウドファンディング系
・プレスリリース系
・LINE
・Facebook
・Twitter
・Instagram
・Googleマイビジネス
など

商材やターゲットに合わせてどう組み合わせるかなどを考える必要はありますが、
「多くのことは無料で実現できる」ということを知っておいて損はないと思います。

ただ実際には、無料でできる範囲だと実現できないこともたくさん出てくるのですが、
そこまでいけば結果として、一定の効果が出ているのではないでしょうか。
それ以上のクオリティや効果を求めるようになったときに、
はじめて予算を使って制作や集客を検討する方法もあるかと思います。

余談ですが・・
学生のころにカレー屋さんでアルバイトをしていました。

当時は出勤時、勤務中、退勤時と1日に3回もカレーを食べていて、
体中スパイスのにおいがしていたことを思い出します・・。

実は、最近になってはじめてお店のWebサイト見たのですが、
ずっと昔、その当時から何も変わっていない雰囲気のデザインだったんですね。

「あ、自分が持っているイメージ通りだ」と思って安心しました。
逆に一般的な価値観が反映された今どきのかっこいいデザインだったらどう思っていただろう。
と考えたときに、おそらく少し残念に感じたかもしれないなと。

個人や小規模事業者の場合、
より個にフォーカスしてイメージが構築させているため、
ユーザーが持っているイメージや実態に近いものの方が、好感を持たれやすいのかもしれません。

ABOUT US{ 私たちについて }

[ 事務所名 ]
SANNONI(サンノニ)
[ 所在地 ]
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-9-35 9F
[ 連絡先 ]
info@sannoni.jp
[ 代表者名 ]
井上 裕之
[ 事業内容 ]
デジタルコミュニケーションデザイン事業
[ サービス内容 ]
Webサイトの企画・制作・運用
メディアサイトの企画・制作・運用
スマホアプリの企画・制作・運用
Web広告の企画・運用
各種印刷物の企画・制作
動画・スチル写真の企画・撮影・編集
コピーライティング

CONTACT{ お問い合わせ }